コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李東垣 りとうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李東垣
りとうえん

李杲」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

李東垣
りとうえん
(1180―1251)

中国の医家。金元(きんげん)医学の四大家の一人。名は杲(こう)、字(あざな)が明之(めいし)、東垣と号した。真定(河北省正定県)の人。幼時から医薬を好み、張元素(1151―1234)に師事し、その業(わざ)をすべて得た。富家であったので医を職業とはせず、世人は危急のとき以外は診てもらわなかった。神医とみなされていた。病因は外邪によるもののほかに、精神的な刺激、飲食の不摂生、生活の不規則、寒暖の不適などによる素因が内傷を引き起こすとして「内傷説」を唱えた。脾(ひ)と胃を重視し、「脾胃を内傷すると百病が生じる」との「脾胃論」を主張し、治療には脾胃を温補する方法を用いたので「温補(補土)派」とよばれた。朱震亨(しゅしんこう)とあわせて李朱医学といわれる。[山本徳子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の李東垣の言及

【李杲】より

…しかし資産家のため医を業とはしなかったという。字は明之,東垣(とうえん)老人と号し,通常李東垣と呼ばれる。正定(河北省)の人。…

※「李東垣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

李東垣の関連キーワード永富独嘯庵香月牛山田代三喜

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android