コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李相和 りそうわ (R)I Sang‐hwa

1件 の用語解説(李相和の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りそうわ【李相和 (R)I Sang‐hwa】

1901‐43
朝鮮の詩人。号は尚火。慶尚北道大邱生れ。1921年《白潮》の同人になって《私の寝室へ》《秋の風景》など感傷的浪漫主義的傾向の詩を書いた。一時東京のアテネ・フランセでフランス語を学ぶが関東大震災にあい帰国,以後は植民地下の民衆の悲哀をうたい,民族の抵抗を内に秘めた詩を書いた。25年カップ(朝鮮プロレタリア芸術同盟)に参加。26年《開闢(かいびやく)》に発表した《奪われし野にも春は来るか》は,格調高い抵抗詩として評価されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

李相和の関連キーワード岡汝粛衛氏朝鮮箕子朝鮮元好問火計北朝鮮の残留邦人北朝鮮の鉱物資源金教臣許南麒ドン ザッキー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone