コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李相和 りそうわ(R)I Sang‐hwa

世界大百科事典 第2版の解説

りそうわ【李相和 (R)I Sang‐hwa】

1901‐43
朝鮮の詩人。号は尚火。慶尚北道大邱生れ。1921年《白潮》の同人になって《私の寝室へ》《秋の風景》など感傷的浪漫主義的傾向の詩を書いた。一時東京のアテネ・フランセでフランス語を学ぶが関東大震災にあい帰国,以後は植民地下の民衆の悲哀をうたい,民族の抵抗を内に秘めた詩を書いた。25年カップ(朝鮮プロレタリア芸術同盟)に参加。26年《開闢(かいびやく)》に発表した《奪われし野にも春は来るか》は,格調高い抵抗詩として評価されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

李相和の関連キーワードアテネ・フランセ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android