コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李相和 りそうわ(R)I Sang‐hwa

1件 の用語解説(李相和の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りそうわ【李相和 (R)I Sang‐hwa】

1901‐43
朝鮮の詩人。号は尚火。慶尚北道大邱生れ。1921年《白潮》の同人になって《私の寝室へ》《秋の風景》など感傷的浪漫主義的傾向の詩を書いた。一時東京のアテネ・フランセでフランス語を学ぶが関東大震災にあい帰国,以後は植民地下の民衆の悲哀をうたい,民族の抵抗を内に秘めた詩を書いた。25年カップ(朝鮮プロレタリア芸術同盟)に参加。26年《開闢(かいびやく)》に発表した《奪われし野にも春は来るか》は,格調高い抵抗詩として評価されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

李相和の関連キーワード正岡子規カクランノルデンショルドブラントンロッシュ星亨草かげの小径にてデトロイト・タイガースカイペル鏑木清方

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone