コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開闢 カイビャク

デジタル大辞泉の解説

かい‐びゃく【開×闢】

[名](スル)
《古くは「かいひゃく」とも》天と地が初めてできた時。世界の始まりの時。「開闢以来の出来事」
信仰の地としての山を開き、あるいは初めて寺院などをつくること。また、その人。開山。「高野山開闢
荒れ地などが切り開かれること。
「土地、これに由(よ)りて、次第に―し」〈中村訳・西国立志編

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かいびゃく【開闢】

植民地下朝鮮の雑誌(朝鮮語)。三・一独立運動後,〈文化政治〉の始まりの中で1920年6月天道教徒の手によって創刊された。編集人天道教の理論家李敦化。天道教の準機関誌の性格を帯びていたが,総合雑誌として非教徒の論説も掲載,社会主義の紹介なども積極的に行い,20年代前半の文化・啓蒙活動に大きな役割を果たした。たびたび発禁にあい,26年8月発行禁止となった。通巻72号。同年11月に開社は新たに《別乾坤》を発行(1934年まで)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かいびゃく【開闢】

( 名 ) スル
〔古くは「かいひゃく」とも〕
天地のはじまり。世の中のはじまり。 「 -以来の最大珍事」
信仰の地として山を開くこと。 「何ぞこの山を、惜しみ申すべき、はや-し給へ/謡曲・白髭」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

開闢の関連キーワードアメノミナカヌシノカミ(天之御中主神)タカミムスビノカミ(高御産巣日神)クニノトコタチノミコト(国常立尊)カミムスビノミコト(神皇産霊尊)アメノトコタチノカミ(天常立神)フマンナン・ヤーザウィンビッグバン(宇宙)神皇産霊尊・神魂命エヌマ・エリシュメタモルフォセス天地分離神話類聚神祇本源倭姫命世記高皇産霊尊高皇産霊神天御中主尊『古事記』長谷川角行オキクルミ神皇産霊神

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

開闢の関連情報