コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李能和 りのうわ(R)I Nǔng‐hwa

世界大百科事典 第2版の解説

りのうわ【李能和 (R)I Nǔng‐hwa】

1869‐1943
朝鮮の学者。字は子賢。号は侃亭,尚玄,無能居士。京畿道槐山郡の出身。外国語学校の教官・校長,総督府朝鮮史編修会委員などを歴任し,教育,研究に従事するだけでなく,礼式事務所,仏教振興会などの役員をも兼務し,社会教化にも尽力した。著書は《朝鮮基督教及外交史》《朝鮮女俗考》《朝鮮解語花史》《朝鮮巫俗考》など,宗教史,風俗史,民俗学にわたりきわめて多く,これらの分野に先駆的業績を残した。主著《朝鮮仏教通史》(1918)は仏教関係の文献資料を渉猟し,今はなき碑文まで収集。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

李能和の関連キーワード藩学一覧レジスタンス文学太平洋戦争ビニョンマキノ雅広女性参政権チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)新派劇イギリス映画リヒトホーフェン(Ferdinand von Richthofen)

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android