コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

材木問屋 ざいもくどんや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

材木問屋
ざいもくどんや

江戸時代の材木取引業者。中世材木座後身で,各地にあったが,江戸では,江戸城修築にあたった商人が,その功により江戸日本橋材木町に開業し,当初は問屋仲買を兼ねていたが,次第に分化し,さらに産地別,品種別に専門業化し,深川木場に移った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の材木問屋の言及

【木材】より

…表2,表2(つづき)に各種の用途に使われるおもな樹種を示す。【上村 武】
【材木問屋】
 日本における木材の商品化は平安時代の末ころから始まった。それがさらに進んで鎌倉時代には産地や消費地に問丸が発生した(材木座)。…

※「材木問屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

材木問屋の関連キーワード奈良屋茂左衛門(1代目)奈良屋茂左衛門(2代目)奈良屋茂左衛門(4代)栖原角兵衛(2代)紀伊国屋文左衛門紀国屋文左衛門木場(東京都)木場(貯木場)船田 ミサヲ柳家 三亀松お駒・才三木材市場江戸時代小原庄助白髪山貯木場材木屋京町堀堀川通

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android