村上多喜雄(読み)むらかみ たきお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村上多喜雄 むらかみ-たきお

1921- 昭和後期-平成時代の気象学者。
大正10年3月17日生まれ。中央気象台測候課勤務などをへて,昭和34年アメリカ気象局にはいる。のちハワイ大教授。上層偏西風のブロッキング現象ヒマラヤ地形考慮にいれた大気循環論によって梅雨論を展開した。石川県出身。中央気象台付属気象技術官養成所卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android