考慮(読み)こうりょ

精選版 日本国語大辞典「考慮」の解説

こう‐りょ カウ‥【考慮】

〘名〙 物事の種々の要素をよく考え合わせること。考えをめぐらすこと。思慮。
※一年有半(1901)〈中江兆民〉附録「経世家是に於て乎、根本的考慮を致さざる可らず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「考慮」の解説

こう‐りょ〔カウ‐〕【考慮】

[名](スル)物事を、いろいろの要素を含めてよく考えること。「考慮に入れる」「考慮の余地がない」「相手の事情を考慮する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android