コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村上義礼 むらかみ よしあや

2件 の用語解説(村上義礼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村上義礼 むらかみ-よしあや

1747-1798 江戸時代後期の武士。
延享4年生まれ。幕臣。ロシア使節ラクスマンが根室に来航したため,寛政5年宣諭使として石川忠房とともに蝦夷地(えぞち)(北海道)松前に出張。大黒屋光太夫(こうだゆう)ら漂流民を受けとり,通商要求に応対した。のち目付をへて,8年江戸南町奉行。寛政10年10月27日死去。52歳。通称は大学。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

村上義礼

没年:寛政10.10.22(1798.11.30)
生年:延享4(1747)
江戸後期の外交官。妹は,天明4(1784)年に若年寄田沼意知を江戸城中で刺殺した佐野政言の妻。寛政4(1792)年11月,西丸目付のとき,遭難民の大黒屋光太夫を連れ根室に来航し,通商を要求したロシアのラックスマンとの交渉のため,蝦夷地松前に派遣される宣諭使に目付石川忠房と共に選ばれる。翌5年6月27日の会見では,通商交渉のため長崎入港を許可する信牌を与える。6年3月に目付,8年9月には江戸町奉行に進んだ。ロシアと公的に接触した最初の幕府外交官として,日露関係史上特筆すべき人物。<参考文献>『松前町史』通説編1巻下

(安藤優一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

村上義礼の関連キーワード鳥居清次広渡湖秀岡崎国栄外交官故混馬鹿集蔦屋東遊記大岡忠移坂田重兵衛(2代)武内竜次

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone