石川忠房(読み)いしかわ ただふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川忠房 いしかわ-ただふさ

1754/55-1836 江戸時代中期-後期の武士。
宝暦4/5年生まれ。寛政3年幕府の目付となる。5年ロシア使節ラクスマン松前(北海道)で会見,鎖国国是を説明し長崎入港の信牌をわたして,大黒屋光太夫らの漂流民をうけとった。勘定奉行,道中奉行などを歴任,駅制を改革した。天保(てんぽう)7年1月18日死去。82/83歳。本姓は伊丹。幼名は岩次郎。通称は太郎右衛門,六右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android