村上 一郎(読み)ムラカミ イチロウ

20世紀日本人名事典の解説

村上 一郎
ムラカミ イチロウ

昭和期の評論家,作家,歌人



生年
大正9(1920)年9月24日

没年
昭和50(1975)年3月29日

出生地
東京・飯田町

別名
別名=井頭 宣満

学歴〔年〕
東京商科大学(現・一橋大学)〔昭和18年〕卒

経歴
大正12年関東大震災により宇都宮へ移る。昭和18年東京商大を卒業後、海軍士官となり終戦をむかえる。戦後は久保栄に師事して「日本評論」の編集にたずさわるが、レッド・パージにあい、以後文筆に専念する。31年「典型」を創刊、39年には個人誌「無名鬼」を創刊、その間「試行」同人となる。著書に「久保栄論」「日本のロゴス」「明治維新の精神過程」「北一輝論」や小説「東国の人びと」「武蔵野断唱」、歌集「撃攘」などのほか、「村上一郎著作集」(全12巻)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

村上 一郎 (むらかみ いちろう)

生年月日:1920年9月24日
昭和時代の文芸評論家
1975年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android