コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村垣定行 むらがき さだゆき

2件 の用語解説(村垣定行の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村垣定行 むらがき-さだゆき

1762-1832 江戸時代後期の武士。
宝暦12年生まれ。村垣範正(のりまさ)の祖父。家は代々幕府の庭番。勘定吟味役に登用され,文化2年目付の遠山景晋(かげみち)と西蝦夷(えぞ)地を見分した。のち松前奉行,作事奉行をへて文政元年勘定奉行となった。天保(てんぽう)3年3月10日死去。71歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

村垣定行

没年:天保3.3.10(1832.4.10)
生年:宝暦12(1762)
江戸後期の松前奉行,勘定奉行。軌之。御庭番の家に生まれる。寛政期(1789~1801)に御庭番として全国各地に派遣。文化1(1804)年1月勘定吟味役に抜擢され,以後主に勘定所で政策遂行の実務に当たる。同2年8月から1年間をかけて蝦夷地を視察。同4年10月には西蝦夷地上知に伴い,松前奉行に就任し蝦夷地経営の実務に当たった。文政1(1818)年9月には勝手方勘定奉行となり,老中水野忠成の勝手掛就任に伴う幕府財政転換の実務を担った。御庭番から勘定奉行にまで昇進したように,非常な能吏であった。<参考文献>深井雅海「徳川幕府御庭番の基礎的研究」(『徳川将軍政治権力の研究』)

(安藤優一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

村垣定行の関連キーワード勘定奉行蝦夷奉行御林奉行箱館奉行町奉行松前奉行金奉行三奉行蔵奉行耳嚢

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone