コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庭番 にわばん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

庭番
にわばん

江戸幕府の一職名。隠密の常職。徳川吉宗将軍就任に際して紀州から風聞取調べを職とする村垣左太夫 (のち淡路守) を召連れてきたのが初め。若年寄支配で,これを使用できるのは,将軍,老中,若年寄,目付である。直接,御庭に入って将軍に謁見し,民間事情,諸大名の政策,動静などを上聞し,また将軍からの下命を受けて一般世情や,老中からの伺いの件などを探った。その仕事上危険が伴い,消息を絶ってしまう者もあったという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の庭番の言及

【御庭番】より

…江戸幕府の職名。1716年(享保1)徳川吉宗の8代将軍襲職のとき,紀州家から薬込役16人と馬口之者1人を幕府にともない,彼らを〈御庭番家筋〉と定めて隠密御用に用いたのがはじまりである。のち分家が生じて26家となり,その後22家となって幕末にいたった。…

【庭者】より

…室町時代に活躍した河原者(かわらもの)の別称の一つ。また,江戸時代には徳川将軍家に仕え,白衣で江戸城の奥庭の清掃や将軍の身の警備に従事するとともに,秘密情報の収集・提供を行った〈御休息御庭之者(ごきゆうそくおにわのもの)〉(ふつうには庭番(にわばん),御庭番(おにわばん)といった)のことをさし,さらには〈猿楽師(能役者)〉に対する軽侮の念のこもった言葉として使われた語。別にまた,江戸時代に各地の農家に代々隷従奉仕した貧農をさす〈庭子(にわこ)〉の語とも同義に用いられた場合がある。…

※「庭番」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

庭番の関連キーワードるろうに剣心―明治剣客浪漫譚―平岡 吟舟享保の改革松元信太朗村井 米子鈴木浩二笠森お仙村井米子石河正竜村垣範正村垣定行雇い人恋重荷御庭番大奥番人木守庭者

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

庭番の関連情報