コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作事奉行 さくじぶぎょう

5件 の用語解説(作事奉行の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

作事奉行
さくじぶぎょう

鎌倉,室町,江戸幕府の職名で,殿舎の修造,土木事業などを司った。江戸時代には諸国の寺社の修理なども臨時に司り,また諸藩にも同名の職があった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さくじ‐ぶぎょう〔‐ブギヤウ〕【作事奉行】

鎌倉室町江戸幕府の職名。殿舎の造営・修理や土木などの工事をつかさどった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さくじぶぎょう【作事奉行】

殿舎,社寺等の築造や修繕をつかさどった職。元来は工事のつど任命された。江戸幕府では1632年(寛永9)に佐久間将監直勝,神尾内記元勝,酒井因幡守忠知の3人を任じて,諸職人をその管下に置き,以来常置の職となった。97年(元禄10)の幕府小細工方廃止にともなう勤方規定によると,作事方は江戸・遠国のおもだった御普請を担当し,材木方,畳方,植木方,絵師,大工等を支配している。1712年(正徳2)の小普請奉行解任後,しばらくその職務を兼帯したが,17年(享保2)小普請奉行が再置され,翌年江戸城内外,御府内の幕府管下の建造物を小普請奉行方と分割,作事奉行方は本丸・西丸の表向,櫓,内郭・外郭の門塀,寛永寺諸堂社等を管掌することになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さくじぶぎょう【作事奉行】

鎌倉・室町・江戸幕府の職名。殿舎の造営・修理などの建築工事をつかさどった。江戸時代には普請奉行・小普請奉行とともに下三奉行と呼ばれた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

作事奉行
さくじぶぎょう

江戸幕府の職制。1632年(寛永9)創置。普請(ふしん)奉行や小普請(こぶしん)奉行と併称して下三奉行という。員数は2~3人(老中支配、役高2000石、諸大夫(しょだいぶ)、芙蓉間詰(ふようのまづめ))であった。うち1人は宗門改(あらため)、1人は一時期鉄砲改を兼帯した。配下には畳奉行、大工頭、作事下奉行など多数の役職が置かれた。初め幕府の土木、建築はすべてその管掌下にあった。しかし、普請・小普請両奉行の創置後は三者で分掌し、その職掌はもっぱら殿屋の建築のみに限られた。のち1862年(文久2)普請・小普請両奉行の廃止後は普請方・小普請方ともその配下に所属し、67年(慶応3)屋敷改の役名廃止後はその職掌も兼務した。[北原章男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の作事奉行の言及

【小堀遠州】より

…はじめ豊臣秀吉に仕え,のち徳川家康に従い,父正次の死後は家を継いで近江小室1万石を領して遠江守に任ぜられた。早くより古田織部に茶の湯を学び,品川御殿作事奉行の任にあった1636年(寛永13),同御殿で3代将軍徳川家光に献茶し,ここからいわゆる将軍家茶道師範の称がおこった。大名茶全盛時代にふさわしく茶室,鎖の間(小座敷と書院の中間に位する座敷),書院の一体化をはかり,台子(だいす)の茶法を中心とする〈きれいさび〉の茶を主張した。…

【普請】より

…曝書,除煤,摘茶,掃除や堂塔の造営など幅広い労役に用いられたが,そこから転じて,室町時代には一般に土木工事のことをいうようになる。 鎌倉幕府の職名には作事奉行の名が見えるのみで,これが建築,土木の両工事を管掌したとみられるが,室町幕府では,建築工事は作事奉行が,土木工事は普請奉行が管掌するように分化している。室町幕府の普請奉行は,とくに将軍,天皇の御所の造営,築地,庭の修築工事や庭中掃除を重要な仕事としたが,戦国大名の下では領民に普請役を課して,堤防,せき,用水路,橋,道路の修築を大規模に行うようになる。…

※「作事奉行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

作事奉行の関連キーワード総追捕使典座闈司馬飼主膳膳司鷹師典鋳司薬司主殿司

作事奉行の関連情報