村山 長挙(読み)ムラヤマ ナガタカ

20世紀日本人名事典の解説

村山 長挙
ムラヤマ ナガタカ

大正・昭和期の新聞実業家 朝日新聞社主。



生年
明治27(1894)年3月16日

没年
昭和52(1977)年8月7日

出生地
東京

学歴〔年〕
京都帝大法学部政治学科〔大正8年〕卒

主な受賞名〔年〕
新聞文化賞〔昭和37年〕,レジオン・ド・ヌール勲章コマンドール章

経歴
大正8年朝日新聞創始者村山龍平の養子となり、その長女於藤と結婚。9年朝日新聞社に入社、取締役。航空部長兼大阪朝日印刷局長、昭和8年会長、15年社長となり、大阪、東京、名古屋、小倉の4社の称号を朝日新聞に統一、編集総務を設けた。航空部長時代には草創期の民間航空の発展に尽力、朝日新聞社機による東京・大阪間定期航空の開拓、相次ぐ訪欧飛行などを成功させた。20年11月戦争責任をとって全役員とともに辞任。公職追放解除後の26年社主に復帰。35年社長。この間日本新聞協会長2期、朝日イブニングニュース会長、全日空取締役などを歴任。39年に社長を、40年取締役を退き、上野淳一とともに社主となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

村山 長挙 (むらやま ながたか)

生年月日:1894年3月16日
大正時代;昭和時代の新聞経営者。朝日新聞社主
1977年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

村山 長挙の関連情報