社主(読み)しゃしゅ

精選版 日本国語大辞典「社主」の解説

しゃ‐しゅ【社主】

〘名〙 会結社の持ち主や代表者。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一八「彼の銀行の社主(シャシュ)なりける、三芳庄右衛門といふ人なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android