コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村瀬義益 むらせ ぎえき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村瀬義益 むらせ-ぎえき

?-? 江戸時代前期の和算家。
百川流をまなぶ。のち江戸で礒村吉徳(いそむら-よしのり)の門人となり,下総(しもうさ)関宿(千葉県)にすむ。寛文13年(1673)「算法勿憚改(ふったんかい)」(「算学淵底記」)をあらわした。同書は当時の算学事情にくわしく,算額についての最初の見聞記事がある。佐渡(新潟県)出身。通称は所左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

村瀬義益の関連キーワード和算家

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android