村田 敬次郎(読み)ムラタ ケイジロウ

20世紀日本人名事典の解説

村田 敬次郎
ムラタ ケイジロウ

昭和・平成期の政治家 元・衆院議員(自民党);元・通産相;元・自治相。



生年
大正13(1924)年2月12日

没年
平成15(2003)年4月2日

出生地
愛知県豊橋市

学歴〔年〕
京都大学法学部〔昭和24年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲一等旭日大綬章〔平成7年〕

経歴
鳥取県、自治庁、愛知県に勤めた後、昭和44年衆院議員に当選、以来10期連続当選を果たす。この間、建設政務次官、総理府総務副長官、党人事局長、衆院建設常任委員長を歴任して、59年中曽根内閣の通産相に就任。平成元年党政調会長、3年弾劾裁判所裁判長、4年宮沢改造内閣の自治相三塚派を経て、森派。首都機能移転問題に取り組み、5年より新首都推進懇談会会長を務めた。12年引退。著書に「メガロポリスへの挑戦」。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

村田 敬次郎
ムラタ ケイジロウ


肩書
元・衆院議員(自民党),元・通産相,元・自治相

生年月日
大正13年2月12日

出生地
愛知県豊橋市

学歴
京都大学法学部〔昭和24年〕卒

経歴
鳥取県、自治庁、愛知県に勤めた後、昭和44年衆院議員に当選、以来10期連続当選を果たす。この間、建設政務次官、総理府総務副長官、党人事局長、衆院建設常任委員長を歴任して、59年中曽根内閣の通産相に就任。平成元年党政調会長、3年弾劾裁判所裁判長、4年宮沢改造内閣の自治相。三塚派を経て、森派。首都機能移転問題に取り組み、5年より新首都推進懇談会会長を務めた。12年引退。著書に「メガロポリスへの挑戦」。

受賞
勲一等旭日大綬章〔平成7年〕

趣味
囲碁 音楽 写真

没年月日
平成15年4月2日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報