村田忠三郎(読み)むらた ちゅうざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「村田忠三郎」の解説

村田忠三郎 むらた-ちゅうざぶろう

1840-1865 幕末の武士。
天保(てんぽう)11年9月生まれ。土佐高知郷士武市瑞山(たけち-ずいざん)にしたがって土佐勤王党にくわわる。文久2年(1862)岡田以蔵らと藩の監察吏井上佐一郎を暗殺し,のち発覚して慶応元年閏(うるう)5月11日処刑された。26歳。名は克昌。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android