コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村田忠三郎 むらた ちゅうざぶろう

1件 の用語解説(村田忠三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村田忠三郎 むらた-ちゅうざぶろう

1840-1865 幕末の武士。
天保(てんぽう)11年9月生まれ。土佐高知藩の郷士。武市瑞山(たけち-ずいざん)にしたがって土佐勤王党にくわわる。文久2年(1862)岡田以蔵らと藩の監察吏井上佐一郎を暗殺し,のち発覚して慶応元年閏(うるう)5月11日処刑された。26歳。名は克昌。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

村田忠三郎の関連キーワードアヘン戦争アヘン戦争雪華図説播隆渡辺政香西部開拓史藤間流ウェリントン河瀬真孝木戸孝允

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone