コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村田忠三郎 むらた ちゅうざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村田忠三郎 むらた-ちゅうざぶろう

1840-1865 幕末の武士。
天保(てんぽう)11年9月生まれ。土佐高知藩の郷士武市瑞山(たけち-ずいざん)にしたがって土佐勤王党にくわわる。文久2年(1862)岡田以蔵らと藩の監察吏井上佐一郎を暗殺し,のち発覚して慶応元年閏(うるう)5月11日処刑された。26歳。名は克昌。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

村田忠三郎の関連キーワードシュティフターアヘン戦争レールモントフ黒川良安オセアニア史(年表)ピーサレフスタスフォーレアメリカ合衆国史(年表)アヘン戦争

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android