コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村田良穂 むらた よしほ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村田良穂 むらた-よしほ

1828-1884 幕末-明治時代の国学者。
文政11年生まれ。安芸(あき)広島藩士。片田行義,大国隆正(たかまさ)にまなぶ。明治元年藩の国学教授に登用され,8年厳島(いつくしま)神社の禰宜(ねぎ)となった。明治17年11月8日死去。57歳。名は道直。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

村田良穂の関連キーワード明治時代国学者