コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村野山人 むらの さんじん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村野山人 むらの-さんじん

1848-1921 明治-大正時代の実業家。
嘉永(かえい)元年7月8日生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士村野伝之丞の3男。兵庫県警部,神戸区長をつとめたのち鉄道事業をはじめ,山陽鉄道,豊州鉄道,神戸電気鉄道などを経営。明治20年神戸商法会議所会頭,25年衆議院議員(当選2回)。大正10年1月13日死去。74歳。遺志により村野徒弟学校(現神戸村野工)が設立された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

村野山人の関連キーワード大正時代実業家嘉永

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android