コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山陽鉄道 さんようてつどう

2件 の用語解説(山陽鉄道の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

山陽鉄道【さんようてつどう】

明治期の大私鉄会社。三井財閥藤田伝三郎などの出資により成立,神戸から路線を延長し,1901年馬関(下関)まで全通した。当時瀬戸内海航路に対抗するため,食堂車,寝台車,鉄道連絡船,鉄道ホテルなどを日本で最初に採用。
→関連項目食堂車寝台車(鉄道)広島[駅]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山陽鉄道
さんようてつどう

1906年(明治39)の鉄道国有法により国に買収された17社の私設鉄道の一つ。神戸―馬関(ばかん)(現、下関(しものせき))間の本線(現、山陽本線)のほか、播但(ばんたん)鉄道から引き継いだ姫路―新井(にい)間(現、播但線)、讃岐(さぬき)鉄道から引き継いだ高松―琴平(ことひら)間(現、予讃(よさん)線・土讃(どさん)線)などを保有していた。1888年(明治21)兵庫―明石(あかし)間で開業したのを最初として、1894年には広島に達し、1894~1895年の日清戦争に際しては大陸への出兵に大きな役割を果たした。1901年には本線が全通。それより先、徳山まで開通してからは、1898年から徳山と門司(もじ)との間に傍系の山陽汽船による連絡船を運航し、全通後は関門連絡船を設けた。1903年には岡山―高松間および尾道(おのみち)―多度津(たどつ)間に連絡船を走らせ、讃岐鉄道と連絡した。瀬戸内海を東西に走る旅客船との競争があるためサービスの改善に熱心で、急行列車の設定、食堂車や寝台車の連結は日本で最初であった。また下関には直営の山陽ホテルを設けていた。[和久田康雄]
『長船友則著『山陽鉄道物語――先駆的な営業施策を数多く導入した輝しい足跡』(2008・JTBパブリッシング)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山陽鉄道の関連キーワード三井高棟藤田春梢女藤田伝三郎三井財閥新興財閥熊野伝三郎久原庄三郎藤田徳次郎藤田富子牧田環

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山陽鉄道の関連情報