杓・𣏐(読み)しゃく

精選版 日本国語大辞典の解説

しゃく【杓・𣏐】

〘名〙
① 柄杓(ひしゃく)。さく。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
俳諧犬子集(1633)一五「しゃく取てよき諸白酒盛に ならのみやこを思ふ公家衆〈休音〉」
② 遊女を越後(新潟県)地方でいう。
浮世草子日本永代蔵(1688)二「都にて蓮葉女(はすはをんな)といふを所詞にて𣏐(シャク)といへる女三十六七人」
③ セリ科の多年草。各地の山中の湿地に生える。高さ約一メートル。茎には縦溝がある。根生葉は長柄のある二回羽状複葉で、小葉卵形で羽状に裂ける。五~七月ごろ、茎頂および葉腋から花茎をのばし、小さな白い五弁花が密集した傘状の花序をつける。果実は長さ約七ミリメートルの長楕円形で緑黒色に熟す。根をヤマニンジンといい、さらして粉末にし餠をつくる。こしゃく。こじゃく。やまにんじん。〔日本植物名彙(1884)〕
④ 鳥「しゃくしぎ(杓鴫)」の異名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android