コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャク Anthriscus nemorosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャク
Anthriscus nemorosa

セリ科の多年草で,旧大陸冷温帯に広い分布をもつ。日本では各地の山中の湿った谷間などに生える。は太く,茎は直立して高さ 1m内外となり,上部で分枝する。葉は互生し,全形はほぼ三角形の2~3回羽状複葉で各小葉はさらに羽状に裂ける。6~7月頃,茎頂に複散形花序を出し白色小花をつける。根をさらし,粉にして食用にすることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シャク【chervil】

山の谷間に生えるセリ科の多年草。地中にはやや肥大した根茎がある。根出葉は3回羽状に細かく分かれ,軟らかく,葉の裏の脈上にはまばらに毛がある。茎は直立して分枝し,高さ1m内外になる。葉は茎の上部にいくにしたがい小型になり,葉柄は鞘(さや)状になって茎を抱く。花は白色で小さく,5~6月ころ,枝先に複散形花序を作って多数つく。花序の中には雄花雌花があり,雌花は花がすむと大きく子房がふくらみ,長さ6~8mmの披針形の果実となり,熟すと黒くなって二つの分果に分かれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャク
しゃく
[学]Anthriscus sylvestris (L.) Hoffm. subsp. aemula (Woron.) Kitam.

セリ科の多年草。根は太く、茎は高さ0.8~1.4メートル。葉は柔らかく、2回3出羽状複葉。5~6月、白色花を開く。果実は黒みを帯び、鈍い光沢がある。山地の湿地に生え、北海道から九州、および朝鮮半島、中国、シベリア、中央アジア、東ヨーロッパに分布する。コシャクともいうが、シャクの意味は不明である。果実に毛のある変種をオニシャクという。シャク属は世界に20種分布する。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シャクの関連キーワード夕・寂・尺・席・惜・戚・斥・昔・析・汐・石・碩・積・籍・績・脊・責・赤・跡・蹟・隻借・嚼・尺・杓・灼・爵・綽・酌・釈・釋・錫シャクケイ(舎久鶏)シャクナゲ(石南花)フユシャク(冬尺)スズ鉱物(錫鉱物)セイヨウシャクナゲシャクガ(尺蛾)アズマシャクナゲキバナシャクナゲシャクトリムシズキュキュン太エダシャクシャクナゲシャクケイ折口 信夫チャービルフユシャクキュン太郎しゃく味噌

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シャクの関連情報