杭迫柏樹(読み)くいせこ はくじゅ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杭迫柏樹 くいせこ-はくじゅ

1934- 昭和後期-平成時代の書家。
昭和9年6月28日生まれ。村上三島に師事。昭和37年日展初入選。日展で特選,会員賞を重ね,平成17年「一葉」で内閣総理大臣賞。20年「送茶(ちゃをおくる)」で芸術院賞。日展理事,日本書芸院副理事長,読売書法会常任理事・執行役員。静岡県出身。京都学芸大卒。本名は杭迫晴司。著作に「王羲之書法字典」「くらしの中の書―筆と墨によるメッセージ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

杭迫柏樹の関連情報