コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東アジアサッカー選手権 ひがしあじあさっかーせんしゅけん East Asian Football Championship

1件 の用語解説(東アジアサッカー選手権の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

東アジアサッカー選手権

東アジアのサッカーの発展を目的に、2002年3月に東アジアサッカー連盟(East Asian Football Federation)が設立された。日本、韓国、北朝鮮、中国、香港、マカオ、グアム、台湾、モンゴルの9つのサッカー協会が加盟。同連盟は、03年12月4〜10日に第1回東アジア選手権・決勝大会を開催。日本、韓国、中国、香港の4チームが総当たりで対戦し、韓国が優勝した。開催国の日本は得失点差で2位。中国が3位、香港4位。第2回大会からは男女同時開催となり、05年7月31日〜8月7日に韓国で開催、日本は男子が2位、女子が3位だった。優勝は男子が中国、女子が韓国。次回、08年大会は中国(重慶)で開催予定。

(西部謙司 サッカージャーナリスト / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東アジアサッカー選手権の関連キーワード東アジアアジアカー小アジアアジア版G7アジアンポップス草サッカードアノッカー東アジアサミット東アジア首脳会議ミニサッカー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東アジアサッカー選手権の関連情報