コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東九陵 とうきゅうりょうTonggunǔng

世界大百科事典 第2版の解説

とうきゅうりょう【東九陵 Tonggunǔng】

韓国,京畿道楊州郡九里面仁倉里の広大な丘陵地にあり,李朝時代に首都の漢城(現,ソウル)近郊に多く造営された王陵群の一つ。王宮からは東方に約14kmのところに位置する。東九陵は,1408年の太祖の健元陵に始まり,文宗・同妃顕徳王后の顕陵,宣祖・同妃懿仁王后・継妃仁穆王后の穆陵,顕宗・同妃明聖王后の崇陵,仁祖継妃荘烈王后の徽陵,景宗妃端懿王后の恵陵,英祖・同継妃貞純王后の元陵,憲宗・同妃孝顕王后・継妃孝定王后の景陵,そして1855年の文祖翼皇帝(孝明世子)・同妃神定翼皇后の綏陵まで,9陵17位の王と后妃の陵墓からなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android