コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東九陵 とうきゅうりょう Tonggunǔng

1件 の用語解説(東九陵の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とうきゅうりょう【東九陵 Tonggunǔng】

韓国,京畿道楊州郡九里面仁倉里の広大な丘陵地にあり,李朝時代に首都の漢城(現,ソウル)近郊に多く造営された王陵群の一つ。王宮からは東方に約14kmのところに位置する。東九陵は,1408年の太祖の健元陵に始まり,文宗・同妃顕徳王后の顕陵,宣祖・同妃懿仁王后・継妃仁穆王后の穆陵,顕宗・同妃明聖王后の崇陵,仁祖継妃荘烈王后の徽陵,景宗妃端懿王后の恵陵,英祖・同継妃貞純王后の元陵,憲宗・同妃孝顕王后・継妃孝定王后の景陵,そして1855年の文祖翼皇帝(孝明世子)・同妃神定翼皇后の綏陵まで,9陵17位の王と后妃の陵墓からなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

東九陵の関連キーワード九十九里平野京畿道城南水原安養仁川京畿大慈大悲法海鴻化

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone