コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東九陵 とうきゅうりょうTonggunǔng

1件 の用語解説(東九陵の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とうきゅうりょう【東九陵 Tonggunǔng】

韓国,京畿道楊州郡九里面仁倉里の広大な丘陵地にあり,李朝時代に首都の漢城(現,ソウル)近郊に多く造営された王陵群の一つ。王宮からは東方に約14kmのところに位置する。東九陵は,1408年の太祖の健元陵に始まり,文宗・同妃顕徳王后の顕陵,宣祖・同妃懿仁王后・継妃仁穆王后の穆陵,顕宗・同妃明聖王后の崇陵,仁祖継妃荘烈王后の徽陵,景宗妃端懿王后の恵陵,英祖・同継妃貞純王后の元陵,憲宗・同妃孝顕王后・継妃孝定王后の景陵,そして1855年の文祖翼皇帝(孝明世子)・同妃神定翼皇后の綏陵まで,9陵17位の王と后妃の陵墓からなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone