東九陵(読み)とうきゅうりょう(英語表記)Tonggunǔng

世界大百科事典 第2版の解説

とうきゅうりょう【東九陵 Tonggunǔng】

韓国,京畿道楊州郡九里面仁倉里の広大な丘陵地にあり,李朝時代に首都の漢城(現,ソウル)近郊に多く造営された王陵群の一つ。王宮からは東方に約14kmのところに位置する。東九陵は,1408年の太祖の健元陵に始まり,文宗・同妃顕徳王后の顕陵,宣祖・同妃懿仁王后・継妃仁穆王后の穆陵,顕宗・同妃明聖王后の崇陵,仁祖継妃荘烈王后の徽陵,景宗妃端懿王后の恵陵,英祖・同継妃貞純王后の元陵,憲宗・同妃孝顕王后・継妃孝定王后の景陵,そして1855年の文祖翼皇帝(孝明世子)・同妃神定翼皇后の綏陵まで,9陵17位の王と后妃の陵墓からなっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android