コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石人石獣 せきじんせきじゅうshi-ren shi-shou

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石人石獣
せきじんせきじゅう
shi-ren shi-shou

中国で秦・漢代以降,墓前や祠廟の前に置かれた石造の人物と動物の彫像。漢の将軍霍去病の墓前には,象,羊,牛,馬,亀などの石獣があり,なかでも腹下に胡人を押えた石馬は有名である。後漢以降,南北朝時代にも石人石獣は多いが,唐の高宗の乾陵のものは名高い。乾陵の墓前には獅子,文官人物像,ダチョウ,馬などの石彫が整然と並び,そのうちの天馬は初唐を代表する石像芸術といわれている。宗・明代にもいくつかみられるが,特に明の万暦帝の定陵の石獣は,北京近郊にあって多くの人に知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せきじん‐せきじゅう〔‐セキジウ〕【石人石獣】

中国で、墳墓廟堂宮殿参道前庭などに置かれた、石製の人物像と動物の像。代に始まり、代まで行われた。墓の格式を示すとともに、その守護と悪鬼駆除を目的とした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

石人石獣【せきじんせきじゅう】

中国で墳墓や祠廟(しびょう)の前庭に並べた石製の人物・動物像。石人石獣を並べる風習は前漢から始まり,明,清に至るまで行われた。代表的なものに漢代の霍去病(かくきょへい)の墓,唐の太宗の昭陵,高宗の乾陵がある。
→関連項目永泰公主墓

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せきじんせきじゅう【石人石獣 shí rén shí shòu】

中国,朝鮮において,石刻の人像,怪獣をいう。始皇帝の命により対匈奴戦争に従軍した偉丈夫,阮仲翁の伝説にもとづき石人を翁仲ともいう。中国では古くから,宮殿,祠廟,墳墓などの前に石造の人物や怪獣を配置した。陝西省興平県霍去病(かくきよへい)墓の墳丘をめぐって立てられていた16体の馬,虎,人,猪(ブタ),牛,羊,蝙蝠,魚などを表した石像は,石人石獣のもっとも古い形とされている。だが,前漢の遺例はこのほかになく,後漢代に墓前に立てられた石人石獣が後代につながる形式をとる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せきじんせきじゅう【石人石獣】

中国漢代以降、墳墓や廟堂びようどうの前に置かれた石製の人物や獣。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の石人石獣の言及

【墳墓】より

… 墓の前に拝殿など祭祀の施設をつくることもある。また,死者を守る従者や軍馬などの彫像を立てたりすることは,漢の霍去病墓に立てた馬の石彫以来,古代中国で知られている(石人石獣)。新羅の王陵には周囲に十二支像を表現した護石(ごせき)を配している。…

※「石人石獣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

石人石獣の関連キーワード石人・石馬石人・石獣石造建築石人石馬中国建築石獅子埴輪

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android