コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東亜研究所 とうあけんきゅうじょ

世界大百科事典 第2版の解説

とうあけんきゅうじょ【東亜研究所】

1938年企画院のもとに設けられた日本の国策のための調査機関。調査体制は大規模なもので,中国のみならず,ソ連,中近東,南方などアジア全域を調査対象とし,調査テーマも自然科学,社会,経済,政治と多岐にわたり,豊富な運営資金による外部委嘱調査も盛んだった。地域別の各部各班の調査(翻訳も多い)は,《東亜研究所報》や非公刊のものを多く含む《資料》などにまとめられた。1945年解消。【原山 煌】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

東亜研究所の関連キーワードH.S. ヘンネマンジュゼッペ トゥッチR. ドリフテ岸本 英太郎岡倉 古志郎田中 於菟弥山田 盛太郎岡本 良知遊部 久蔵山田盛太郎福島 正夫田中 忠雄塚谷 晃弘牧野 虎次内田 義彦周藤 吉之籾山 政子田村 秀吉大上 末広大蔵 公望

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android