コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京夕刊新報 とうきょうゆうかんしんぽう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東京夕刊新報
とうきょうゆうかんしんぽう

1914年2月1日に中島鉄哉が創刊した夕刊紙。 36年の二・二六事件の際,他紙夕刊発行を断念したなかで,勇敢にもただ1紙事件の詳報を掲載し,午後4時頃発行禁止となって押収処分を受けたことと,38年5月政権樹立の相談のために汪兆銘がひそかに来日したのを6月 14日の第1面でスクープした (そのため発行停止となり,7月 12日廃刊) ことによって知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

東京夕刊新報の関連キーワード牧野省三第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネット第一次世界大戦グリフィス第1次世界大戦イタリア映画カミュ第二次世界大戦

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android