東京夕刊新報(読み)とうきょうゆうかんしんぽう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「東京夕刊新報」の解説

東京夕刊新報
とうきょうゆうかんしんぽう

1914年2月1日に中島鉄哉が創刊した夕刊紙。 36年の二・二六事件の,他が夕刊発行を断念したなかで,勇敢にもただ1紙事件の詳報を掲載し,午後4時頃発行禁止となって押収処分を受けたことと,38年5月政権樹立の相談のために汪兆銘がひそかに来日したのを6月 14日の第1面でスクープした (そのため発行停止となり,7月 12日廃刊) ことによって知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android