コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夕刊紙 ユウカンシ

3件 の用語解説(夕刊紙の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゆうかん‐し〔ゆふカン‐〕【夕刊紙】

夕方にだけ発行される新聞。タブロイド判が多い。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうかんし【夕刊紙】

夕刻だけに発行される新聞。イギリスで1781年に創刊された《ヌーン・ガゼット・アンドデーリースパイ》が最初の夕刊紙とされる。しかしこれは代表的な朝刊9紙からの抜書きを集めて正午に発行したものであった。本格的な夕刊紙はやはりイギリスで1788年に創刊された《スター・アンド・イブニングアドバタイザー》である。アメリカでは1880年代から中西部および西部で急速に夕刊紙が創刊された。これは東部やヨーロッパとの時差を生かし,また通信・印刷技術の発達を利用して〈今日のニュースを今日〉を売物に読者を獲得しようとしたためである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夕刊紙
ゆうかんし
evening newspaper

夕方に発行される新聞。近・現代の日刊新聞の大部分は、その日の始まりである朝に発行される新聞と、その日の昼の終わりである夕方に発行される新聞に二分できる。日本においては、日刊新聞の多くが、朝刊と夕刊をセットにした制作販売システムをとっているが、夕刊は、たとえば東京ではその日の午前1時35分以降午後1時30分までに収集・編集されたニュースを素材として製作される。朝・夕刊のセットではなく、夕方にのみ発行される新聞(単独夕刊紙)は日本では希少である。これに対し、欧米の新聞は朝刊紙、夕刊紙いずれかの単独発行であり、アメリカではむしろ夕刊紙のほうが圧倒的に多い。
 日本の夕刊紙の始まりは1877年(明治10)11月創刊の『東京毎夕新聞』とされる。日露戦争(1904~05)当時、新聞各社が戦況速報のため1日に何回も号外を発行し「号外合戦」を展開した。これによって、読者の間に1日に何度もニュースを読む習慣が生まれ、夕刊発行が活発化した。朝・夕刊を発行する社が増えたのは大正期に入ってからである。
 しかし2001年(平成13)現在の日本において、夕刊紙という名称をもって規定される新聞は、東京、大阪などの大都市で発行され、キオスク、コンビニエンス・ストアなど戸別配達以外の方法で直接読者に販売する娯楽色の濃い新聞をさすと理解してよいだろう。そのような意味における夕刊紙は、記事内容、文体、および編集スタイルにおいて読者の興味を引きつける紙面づくりが志向され、著しく煽情(せんじょう)的であることを特色とする。すなわち、スポーツ、ショービジネス、事件事故などのフィーチャー(特集)もしくはゴシップ情報に加えて、商品化された性情報などを提示する大衆紙(ポピュラー・ペーパー)である。それらの新聞の読者層は、官庁・企業・団体等に勤務する膨大な男性勤労者層であり、その閲読場所は日々の仕事からの帰宅途上における車中である。この種の代表的な新聞として、1969年(昭和44)東京で創刊された『夕刊フジ』(タブロイド判)は、「現代に挑戦するサラリーマン新聞」と自らを規定している。[高須正郎・林 利隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

夕刊紙の関連情報