コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京外郭環状道路 トウキョウガイカクカンジョウドウロ

デジタル大辞泉の解説

とうきょう‐がいかくかんじょうどうろ〔トウキヤウグワイクワククワンジヤウダウロ〕【東京外郭環状道路】

都心から約15キロの地域を環状に結ぶ幹線道路。東京大田区から埼玉県を経由して千葉県市川市まで全長約85キロのうち、大泉ジャンクションと三郷南インターチェンジの間約34キロが開通している(平成28年7月現在)。都心から約8キロに位置する首都高中央環状線、40~60キロの地域を結ぶ圏央道首都圏中央連絡自動車道)とともに「3環状」とよばれる。環状道。外環道

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

東京外郭環状道路

都心から15キロ圏の1都3県を通る総延長85キロの高速道路。都心部から放射状に延びる道路に連絡する。県区間12.1キロのほとんどは開口部がある地下の掘割部を通り、地上を国道298号が並走する。京葉道路との交差部分にもジャンクションを設け、市川南や松戸など計四つのインターチェンジをつくる。 1969年に都市計画決定されたが、市川市や同市議会、住民が騒音など環境問題で計画の凍結・再検討を訴え、1996年に当初の高架式から半地下構造にするなどの変更がされた。

(2016-04-21 朝日新聞 朝刊 ちば首都圏・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

東京外郭環状道路の関連キーワード同一発着・同一料金の原則高速道路をめぐる経緯大深度地下

東京外郭環状道路の関連情報