首都圏中央連絡自動車道(読み)しゅとけんちゅうおうれんらくじどうしゃどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

首都圏中央連絡自動車道
しゅとけんちゅうおうれんらくじどうしゃどう

東京を取り巻く総延長約 300kmの高速自動車道。略称は圏央道首都高速道路中央環状線,東京外郭環状道路東京外環自動車道)とともに 3環状と呼ばれ,首都圏の広域的幹線道路網をつくる。1976年に発表された国土庁の第3次首都圏基本計画で,拠点間交通体系の重点項目として位置づけられた。都心から放射状に延びる東名高速道路などの幹線道路を,都心から半径 40~60kmの地点で環状につなぐことで,通過交通を迂回させ,交通の分散を行なう。区間は神奈川県横浜市(横浜横須賀道路)―千葉県木更津市(東関東自動車道館山線)で,横浜市,神奈川県厚木市東京都八王子市埼玉県川越市茨城県つくば市千葉県成田市,木更津市といった中核都市および東京湾アクアライン東京湾横断道路),成田国際空港と連結する。周辺都市同士の連絡を密にし,物資輸送の効率化,交通の円滑化を進めることで,首都機能の再編成や産業活力の向上を目指している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

首都圏中央連絡自動車道
しゅとけんちゅうおうれんらくじどうしゃどう

横浜市から神奈川県厚木市、東京都八王子市、埼玉県川越市、茨城県つくば市、千葉県成田市を経て、同木更津(きさらづ)市にいたる都心の半径40~60キロメートル圏をむすぶ首都圏の一般国道自動車専用道路。略称圏央道。延長約300キロメートルの高規格幹線道路で、木更津では連絡道を経て東京湾横断道路につながる。総事業費は約3兆円。1996年(平成8)3月に埼玉県鶴ヶ島市(鶴ヶ島ジャンクション)―東京都青梅(おうめ)市(青梅インターチェンジ)間19.8キロメートルが他区間にさきがけて開通した。2012年末時点で、神奈川県海老名(えびな)市内(海老名ジャンクション―海老名インターチェンジ間)1.9キロメートル、八王子市(高尾山インターチェンジ)―埼玉県桶川市(桶川北本インターチェンジ)間55.5キロメートル、埼玉県白岡(しらおか)市(白岡菖蒲(しょうぶ)インターチェンジ)―同久喜(くき)市(久喜白岡ジャンクション)間3.3キロメートル、つくば市(つくば中央インターチェンジ)―茨城県稲敷市(稲敷インターチェンジ)間23.8キロメートル、木更津市内(木更津東インターチェンジ―木更津ジャンクション間)7.1キロメートルが開通している。[下保 修]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

首都圏中央連絡自動車道の関連情報