コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

首都圏中央連絡自動車道 しゅとけんちゅうおうれんらくじどうしゃどう

2件 の用語解説(首都圏中央連絡自動車道の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

首都圏中央連絡自動車道
しゅとけんちゅうおうれんらくじどうしゃどう

東京を取り巻く総延長約 300kmの高速自動車道。略称は圏央道。首都高速道路中央環状線,東京外郭環状道路東京外環自動車道)とともに 3環状と呼ばれ,首都圏の広域的幹線道路網をつくる。1976年に発表された国土庁の第3次首都圏基本計画で,拠点間交通体系の重点項目として位置づけられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

首都圏中央連絡自動車道
しゅとけんちゅうおうれんらくじどうしゃどう

横浜市から神奈川県厚木市東京都八王子市埼玉県川越市茨城県つくば市千葉県成田市を経て、同木更津(きさらづ)市にいたる都心の半径40~60キロメートル圏をむすぶ首都圏の一般国道自動車専用道路。略称圏央道。延長約300キロメートルの高規格幹線道路で、木更津では連絡道を経て東京湾横断道路につながる。総事業費は約3兆円。1996年(平成8)3月に埼玉県鶴ヶ島市(鶴ヶ島ジャンクション)―東京都青梅(おうめ)市(青梅インターチェンジ)間19.8キロメートルが他区間にさきがけて開通した。2012年末時点で、神奈川県海老名(えびな)市内(海老名ジャンクション―海老名インターチェンジ間)1.9キロメートル、八王子市(高尾山インターチェンジ)―埼玉県桶川市(桶川北本インターチェンジ)間55.5キロメートル、埼玉県白岡(しらおか)市(白岡菖蒲(しょうぶ)インターチェンジ)―同久喜(くき)市(久喜白岡ジャンクション)間3.3キロメートル、つくば市(つくば中央インターチェンジ)―茨城県稲敷市(稲敷インターチェンジ)間23.8キロメートル、木更津市内(木更津東インターチェンジ―木更津ジャンクション間)7.1キロメートルが開通している。[下保 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

首都圏中央連絡自動車道の関連キーワード口輪筋内部環境樹帯取り巻く・取巻く婆背取巻く細胞外液モートフォスコライト長白 (socks)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

首都圏中央連絡自動車道の関連情報