コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

圏央道 けんおうどう

知恵蔵miniの解説

圏央道

東京都心から半径40~60キロメートルの位置に計画された、延長約300キロメートルの高規格幹線道路(自動車専用道路)のこと。正式名称は「首都圏中央連絡自動車道」。横浜、厚木、八王子、川越、つくば、成田、木更津などの中核都市を連絡するもので、中央環状線、外環道と共に「首都圏3環状道路」と呼ばれ、その一番外側に位置する。1987年に構想され、96年に初めて一部開通した。2014年7月1日現在、埼玉県の久喜白岡JCT~つくば中央IC間、千葉県の神崎IC~松尾横芝IC間などが未開通となっている。管理・運営はNEXCO。未開通区間はNEXCOと国土交通省が共同で建設を進めている。

(2014-7-1)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

圏央道

首都圏中央連絡自動車道の略称。1963年に構想が発表され、87年の第4次全国総合開発計画でほぼ現在の計画にまとまった。都心を迂回して横浜市千葉県木更津市を結ぶ約300キロの環状道路で、総事業費は3.4兆円以上。 用地買収中で工事の見通しが立たない千葉県内の大栄JCT―松尾横芝IC(18.5キロ)以外は、東京五輪・パラリンピックがある2020年度までに開通する見通し。

(2017-02-25 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

圏央道【けんおうどう】

正式名称は首都圏中央連絡自動車道。東京都心から40〜60km圏(東京都,神奈川・埼玉・茨城・千葉各県にかかる)を環状に結ぶ高規格幹線道路(自動車専用道路)で,最終的には延長約300kmを予定。
→関連項目鶴ヶ島[市]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

圏央道
けんおうどう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

圏央道の関連キーワード圏央道(首都圏中央連絡自動車道)高尾山トンネルをめぐる土地収用第2東名(新東名)高速道路東千葉メディカルセンター同一発着・同一料金の原則第4次全国総合開発計画東日本高速道路(株)中日本高速道路(株)青梅(市)(おうめ)埼玉県比企郡川島町東京外郭環状道路松尾(千葉県)茨城県つくば市あきる野(市)高尾山天狗裁判埼玉県鶴ヶ島市横芝光(町)横浜環状南線常磐自動車道木更津(市)

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

圏央道の関連情報