コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

圏央道 けんおうどう

4件 の用語解説(圏央道の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

圏央道

東京都心から半径40~60キロメートルの位置に計画された、延長約300キロメートルの高規格幹線道路(自動車専用道路)のこと。正式名称は「首都圏中央連絡自動車道」。横浜、厚木、八王子、川越、つくば、成田、木更津などの中核都市を連絡するもので、中央環状線、外環道と共に「首都圏3環状道路」と呼ばれ、その一番外側に位置する。1987年に構想され、96年に初めて一部開通した。2014年7月1日現在、埼玉県の久喜白岡JCT~つくば中央IC間、千葉県の神崎IC~松尾横芝IC間などが未開通となっている。管理・運営はNEXCO。未開通区間はNEXCOと国土交通省が共同で建設を進めている。

(2014-7-1)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

圏央道

都心から半径40~60キロに計画された環状の高速道路で「首都圏中央連絡自動車道」の略。神奈川県厚木市東京都八王子市埼玉県川越市茨城県つくば市千葉県成田市などを経由し、総延長約300キロ。今回の開通で供用区間は約241キロになる。神奈川、千葉、茨城各県に建設中や未着工の区間があり、全線開通のめどは立っていない。

(2015-11-06 朝日新聞 朝刊 栃木全県・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

圏央道【けんおうどう】

正式名称は首都圏中央連絡自動車道。東京都心から40〜60km圏(東京都,神奈川・埼玉・茨城・千葉各県にかかる)を環状に結ぶ高規格幹線道路(自動車専用道路)で,最終的には延長約300kmを予定。
→関連項目鶴ヶ島[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

圏央道
けんおうどう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

圏央道の関連キーワード小沼キロメートル波ヤイロマニンジャウ湖東京外郭環状道路(外環道)外環道首都圏中央連絡自動車道(圏央道)2キロメートルビーチランキロメートル

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

圏央道の関連情報