東京手植ブラシ(読み)とうきょうてうえぶらし

事典 日本の地域ブランド・名産品「東京手植ブラシ」の解説

東京手植ブラシ[その他(工芸)]
とうきょうてうえぶらし

関東地方、東京都の地域ブランド。
台東区・墨田区荒川区などで製作されている。洋式刷毛は、1874(明治7)年頃にフランス製刷子を手本として製造され始めた。手植えブラシは、機械植えに比べ密度があり、台座を選ばず丈夫である。東京ではもともと工業用ブラシ業者が多かっため、耐久性の高い手植えによるブラシもつくられており、現在も伝統的な手植え植毛が続けられている。東京都伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

デジタル大辞泉プラス「東京手植ブラシ」の解説

東京手植ブラシ

東京都台東区、墨田区などで生産される生活用ブラシ。洋服ブラシ、フェイスブラシなどの製品がある。機械植えに比べ植毛が密で耐久性に優れる。東京都により「東京の伝統工芸品」に指定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android