コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

服部撫松 はっとりぶしょう

百科事典マイペディアの解説

服部撫松【はっとりぶしょう】

戯文家,ジャーナリスト。本名誠一。岩代国二本松藩(現福島県)の儒者の家に生まれ,廃藩後職を失う。1874年,寺門(てらかど)静軒の《江戸繁昌記》にならって,文明開化の世相・風俗を漢文戯作体で活写した《東京新繁昌記》を出版,大好評となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

服部撫松 はっとり-ぶしょう

1841-1908 明治時代の戯文家。
天保(てんぽう)12年2月15日生まれ。もと陸奥(むつ)二本松藩(福島県)の儒者。明治7年「東京新繁昌記」を出版,文明開化期の世相を漢文体の戯文で風刺して評判となる。以後,雑誌「東京新誌」「江湖新報」を発行。明治41年8月15日死去。68歳。本名は誠一。著作に「第二世夢想兵衛胡蝶(こちょう)物語」など。
【格言など】世界は活劇なり,故に変遷定まらず,人智は活機なり,故に開進窮まらず(「東京新繁昌記後編」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

服部撫松

没年:明治41.8.15(1908)
生年:天保12.2.15(1841.4.6)
明治時代,開化期を代表する文筆家。本名誠一,撫松は号。二本松藩(福島県)の儒官の家に生まれ,儒学教授を勤める。明治2(1869)年公用人として東京勤務。4年廃藩後『東京新繁昌記』(1874~76)を執筆。開化の世相を描くのに自由で猥雑な造語修辞,口語体のルビによる変体漢文を駆使,絶大な人気を誇る。その勢いで以後『東京新誌』(1876)を皮切りに発禁や廃刊にめげず雑誌を次々と発行。戊辰戦争来の反官意識や社会諷刺は『江湖新報』(1880)などの政論雑誌へ展開した。立憲改新党にかかわり『稚児桜』(1887)などの政治小説も書く。29年以後仙台の中学の漢文教師。教え子に吉野作造らがいる。

(徳盛誠)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はっとりぶしょう【服部撫松】

1841‐1908(天保12‐明治41)
戯文家。陸奥二本松(福島県)生れ。本名誠一。二本松藩の儒官を務めたのち1870年(明治3)上京。74年文明開化の世態を戯文調で描いた《東京新繁昌記》初編が大当りする。76年より《東京新誌》《広益問答新聞》などを創刊。得意の戯体漢文で政府の内幕をあばき,民権拡張を唱え,自由民権期のジャーナリズムで活躍した。著作活動ののち96年宮城県尋常中学校の作文教師となり,死去までその職にあった。教え子に吉野作造がいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

服部撫松
はっとりぶしょう
(1842―1908)

戯文家、ジャーナリスト。本名誠一。磐城(いわき)国安達(あだち)郡岳下(だけした)村(福島県二本松市)の二本松藩儒官の家に生まれる。明治になって上京し、文明開化の世相を漢文体戯文で風刺する『東京新繁昌(はんじょう)記』(初編、1874)で文名をあげた。『東京新誌』『春野草紙』などの戯文雑誌を主宰し、『広益問答新聞』『中外広問新報』『江湖新報』などの政論紙を刊行して、改進党系のジャーナリストとして活躍し、『二十三年国会未来記』(1886)などの政治小説も刊行した。[興津 要]
『興津要著『明治開化期文学の研究』(1968・桜楓社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

服部撫松の関連キーワード大久保常吉成島柳北没年随筆

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android