コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東坊城秀長 ひがしぼうじょう ひでなが

2件 の用語解説(東坊城秀長の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東坊城秀長 ひがしぼうじょう-ひでなが

1338-1411 南北朝-室町時代の公卿(くぎょう)。
暦応(りゃくおう)元=延元3年生まれ。東坊城長綱の長男。参議,式部大輔(しきぶのたいふ)となる。正二位。侍読をつとめるなど博識をもって知られ,日記「迎陽(こうよう)記」をのこした。応永18年8月6日死去。74歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

東坊城秀長

没年:応永18.8.6(1411.8.25)
生年:暦応1/延元3(1338)
南北朝・室町初期の公卿。父は参議長綱。貞和5/正平4(1349)年叙爵。延文4/正平14年少納言。東坊城家は儒道を家業としており,秀長も康暦2/天授6(1380)年に後円融天皇の侍読となる。明徳1/元中7(1390)年参議に任ぜられる。後小松天皇の侍読となり,明徳3/元中9年12月の御読書始以後,応永16(1409)年2月,72歳までこれを務める。応永9年正二位に昇る。秀長は和歌も優れ,宮廷の歌会にもしばしば列席し,勅撰集の『新後拾遺集』,『新続古今集』に入集。日記『迎陽記』は当時の宮廷歌壇研究の好資料といわれる。

(相馬万里子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の東坊城秀長の言及

【漢詩文】より

…これは平安朝以来の伝統を守って,博士家や外記・内記の職に在った人が,公文書の作成のために漢文学を学んでいたものである。そのもっとも顕れた人には東坊城(菅原)秀長があり,その文集を《迎陽(こうよう)文集》(《迎陽記》)という。また《本朝文粋》にならって《本朝文集》も編せられ,公家の作品が集められた。…

※「東坊城秀長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

東坊城秀長の関連キーワード二条為冬正親町三条実興三室戸光村非茶中院通氏中院通冬中御門宣明中山親雅東坊城長綱藤原長綱(1)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone