コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東坊城長綱 ひがしぼうじょう ながつな

1件 の用語解説(東坊城長綱の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東坊城長綱 ひがしぼうじょう-ながつな

1314-1392 南北朝時代の公卿(くぎょう)。
正和(しょうわ)3年生まれ。東坊城茂長(しげなが)の子。文章(もんじょう)博士,大蔵卿,兵部卿などをへて,永徳3=弘和(こうわ)3年参議となる。正二位。和歌をよくした。明徳3=元中9年6月15日死去。79歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

東坊城長綱の関連キーワード中山定宗二条為忠世尊寺伊俊南北朝時代吉野朝時代賢悟高倉永季三島外記吉田宗房冷泉定親

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone