コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東大寺山堺四至図(読み)とうだいじさんかいししず

世界大百科事典 第2版の解説

とうだいじさんかいししず【東大寺山堺四至図】

東大寺領界をほぼ1町方格の朱線(東西21本,南北16本)を引いて絵図で示したもの。隅に〈東大寺図 天平勝宝八歳(756)六月九日定堺為寺領地……〉の墨書がある。麻布(天平勝宝6年10月の端書あり)を3段に縫い合わせてあり,縦222cm,横229cm。正倉院所蔵。 寺領は北は佐保川,南は能登川,東は両川の上流,西は東京極大路であり,一堺染谷から十堺寺道に至る10ヵ所の地点名が記されている。また図には西面大垣に三門と東西塔,大仏殿,戒壇院,羂索堂,千手堂が描かれ,ほかに神地,新薬師寺堂,香山堂(新薬師寺の前身),御蓋山,南北度山峯,飯守峯等の名が記される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android