コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能登川 のとがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

能登川
のとがわ

滋賀県南東部,東近江市北西部の旧町域。愛知川下流南岸にある。1942年能登川村,伊庭村,栗見村,五峰村,八幡村の 5村が合体し,町制。2006年東近江市に編入条里制遺構や,大中の湖干拓地で発見された大中の湖南遺跡 (国の史跡) など上古の遺跡が多く,古くから人が住んだ。近江米の生産を主とするが,中心地区の能登川は中世以来近江麻布の主産地だったため,麻紡織工場が多く,夏ふとん地の生産は全国有数。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

能登川
のとがわ

滋賀県中東部、神崎(かんざき)郡にあった旧町名(能登川町(ちょう))。現在は東近江(ひがしおうみ)市の北西部を占める一地区。旧能登川町は1942年(昭和17)能登川、伊庭(いば)、五峰(ごほう)、八幡(やわた)、栗見(くりみ)の5村が合併して町制施行。2006年(平成18)東近江市に編入。愛知(えち)川下流部が旧町域の北東部を流れ、西部は大中之湖(だいなかのこ)干拓地。琵琶(びわ)湖に面した沖積平野上の地域である。古くから近江(おうみ)麻などの紡績、織物工業が発達し、現在も繊維関係の工業が盛んであるが、最近では窯業土石製品業が増加している。農業も活発で、とくに大中之湖干拓地の機械化農業は注目されている。JR東海道本線(琵琶湖線)の能登川駅を中心として、近年住宅地化が進んだ。大中の湖南遺跡をはじめ条里地割などに象徴されるように、開発の歴史は古い。伊庭は『保元(ほうげん)物語』にも記された集落であるが、三角州上の栗見は近世の新田集落。南部の近江八幡(おうみはちまん)市との境界に特別史跡の安土城跡がある。[高橋誠一]
『『能登川町史』(1976・能登川町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

能登川の関連キーワード東近江市能登川博物館滋賀県東近江市伊庭町滋賀県東近江市山路町東大寺山堺四至図滋賀県東近江市田附 政次郎東近江(市)蒲生[町]朝鮮人街道近江母の郷観音寺城跡阿部彦太郎種村箕山中村人生恵山貝塚柳生街道観音寺城琵琶湖伊庭氏率川

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

能登川の関連情報