コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東宝記 とうぼうき

世界大百科事典 第2版の解説

とうぼうき【東宝記】

東寺学衆杲宝(ごうほう)の編纂した東寺の歴史。仏宝,法宝,僧宝の3編8巻にわけ,東寺の歴史,堂塔,仏像,法具聖教法会僧職について,文書・記録等を豊富に引用しつつ明らかにする。1352年(正平7∥文和1)杲宝が編した草稿本は6巻であったが,南北朝末期から室町初期にかけてその弟子賢宝が増補を加えた。草稿本・清書本12巻1冊が現存し,国宝に指定されている。紙背に杲宝・賢宝あての書状,東寺領荘園関係文書,《玉葉断簡等がみられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

東宝記の関連キーワード仁王会真然真済

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東宝記の関連情報