コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

網野 あみの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

網野
あみの

京都府北西部,日本海に臨む地区。旧町名。 1900年島津,郷 (ごう) ,木津 (きつ) ,浜詰 (はまづめ) の4村が合体して網野町が成立。 2004年4月,峰山町,大宮町,丹後町,弥栄町,久美浜町と合併し京丹後市となる。中心集落の網野は丹後地方の商業中心地。特産は丹後縮緬。球根採取のためのチューリップや果樹栽培も行なわれる。入江の名残りの自然淡水湖離湖がある。景勝地が多く,西部に木津温泉がある。 1927年の北丹後地震の際生じた郷村 (ごうむら) 断層天然記念物。日本海沿岸では最大の前方後円墳である銚子山古墳は史跡。山陰海岸国立公園に属する。北近畿タンゴ鉄道宮津線が通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

あみの【網野】

京都府京丹後市の地名。丹後半島の基部に位置し、日本海に面する海岸は景勝地。丹後縮緬ちりめんの主産地の一。銚子山古墳がある。

あみの【網野】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

網野
あみの

京都府北西部、竹野郡にあった旧町名(網野町(ちょう))。現在は京丹後(きょうたんご)市の中央西側を占める一地域。1900年(明治33)町制施行。1904年浅茂川(あさもがわ)村、1950年(昭和25)島津、郷(ごう)、浜詰(はまづめ)、木津(きつ)の4村と合併。2004年(平成16)峰山(みねやま)、大宮(おおみや)、丹後、弥栄(やさか)、久美浜(くみはま)の5町と合併、市制施行して京丹後市となる。なお、この合併により行政地名としての竹野郡はなくなった。旧網野町は、丹後半島西岸に位置し、中央を福田川が流れる。北は日本海に面し、海岸近くに周囲4キロメートルの離(はなれ)湖がある。西部海岸一帯は山陰海岸国立公園の一部に、東部海岸一帯は丹後天橋立大江山(たんごあまのはしだておおえやま)国定公園に含まれる。日本標準時の基準となる東経135度の子午線が通る。京都丹後鉄道宮豊線、国道178号が通じる。早くから開けた地で、縄文、弥生(やよい)時代の浜詰遺跡、林遺跡などがあり、丹後地方最大級の前方後円墳の銚子山(ちょうしやま)古墳は国指定史跡。古代は『和名抄(わみょうしょう)』の網野郷の地。1927年(昭和2)の北丹後地震によって生じた郷村(ごうむら)断層は国の天然記念物。丹後縮緬(ちりめん)の産地で、木津には温泉(単純温泉)があり、付近の砂丘ではナシ、モモなどの果樹やチューリップ栽培が行われる。琴引(ことびき)浜は鳴き砂で有名。国の名勝・天然記念物に指定されている。[織田武雄]
『『網野町史』(1960・網野町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

網野の関連キーワード山陰海岸東部海域公園地区京丹後市立網野郷土資料館旧木津村と総動員体制と村琴引浜鳴き砂文化館丹後あじわいの郷サービスマーク京都府京丹後市弥栄(京都府)大宮(京都府)京丹後[市]京丹後(市)浦島エコロー網野[町]弥栄[町]伊調千春伊賀兼光網野 菊宇治橋姫万雑公事倉栖兼雄

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

網野の関連情報