コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

網野 あみの

5件 の用語解説(網野の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

網野
あみの

京都府北西部,日本海に臨む地区。旧町名。 1900年島津,郷 (ごう) ,木津 (きつ) ,浜詰 (はまづめ) の4村が合体して網野町が成立。 2004年4月,峰山町,大宮町,丹後町,弥栄町,久美浜町と合併し京丹後市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あみの【網野】

京都府北部、京丹後市の地名。丹後半島の付け根にあり、日本海に臨む。離(はなれ)湖・琴引(ことびき)浜などの景勝地がある。昭和2年(1927)の奥丹後地震でできた郷村(ごうむら)断層は天然記念物

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あみの【網野】

京都府京丹後市の地名。丹後半島の基部に位置し、日本海に面する海岸は景勝地。丹後縮緬ちりめんの主産地の一。銚子山古墳がある。

あみの【網野】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

網野
あみの

京都府北西部、竹野郡にあった旧町名(網野町(ちょう))。現在は京丹後(きょうたんご)市の中央西側を占める一地域。1900年(明治33)町制施行。1904年浅茂川(あさもがわ)村、1950年(昭和25)島津、郷(ごう)、浜詰(はまづめ)、木津(きつ)の4村と合併。2004年(平成16)峰山(みねやま)、大宮(おおみや)、丹後、弥栄(やさか)、久美浜(くみはま)の5町と合併、市制施行して京丹後市となる。なお、この合併により行政地名としての竹野郡はなくなった。旧網野町は、丹後半島西岸に位置し、中央を福田川が流れる。北は日本海に面し、海岸近くに周囲4キロメートルの離(はなれ)湖がある。西部海岸一帯は山陰海岸国立公園の一部に、東部海岸一帯は丹後天橋立大江山(たんごあまのはしだておおえやま)国定公園に含まれる。日本標準時の基準となる東経135度の子午線が通る。京都丹後鉄道宮豊線、国道178号が通じる。早くから開けた地で、縄文、弥生(やよい)時代の浜詰遺跡、林遺跡などがあり、丹後地方最大級の前方後円墳の銚子山(ちょうしやま)古墳は国指定史跡。古代は『和名抄(わみょうしょう)』の網野郷の地。1927年(昭和2)の北丹後地震によって生じた郷村(ごうむら)断層は国の天然記念物。丹後縮緬(ちりめん)の産地で、木津には温泉(単純温泉)があり、付近の砂丘ではナシ、モモなどの果樹やチューリップ栽培が行われる。琴引(ことびき)浜は鳴き砂で有名。国の名勝・天然記念物に指定されている。[織田武雄]
『『網野町史』(1960・網野町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

網野の関連キーワード余部香住寺泊長門温泉津小天橋酒田[市]岩城〈町〉網野〈町〉丹後〈町〉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

網野の関連情報