コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杲宝 ごうほう

4件 の用語解説(杲宝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杲宝 ごうほう

1306-1362 鎌倉-南北朝時代の僧。
徳治(とくじ)元年生まれ。真言宗。下野(しもつけ)(栃木県),一説に但馬(たじま)(兵庫県)の人。京都東寺の頼宝にまなび,勧修(かじゅう)寺の栄海(えいかい)から灌頂(かんじょう)をうける。東寺の勧学会学頭となり,のち観智院を創建。大僧都(だいそうず)。真言宗の代表的な学僧で,師の頼宝,弟子の賢宝(げんぽう)とともに東寺三宝といわれた。康安2=正平(しょうへい)17年7月7日死去。57歳。法名ははじめ弘基。著作に「大日経疏演奥鈔」「東宝記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

杲宝

没年:貞治1/正平17.7.7(1362.7.28)
生年:徳治1(1306)
鎌倉後期・南北朝時代の真言宗の学僧。「こうほう」とも。下野(栃木県)の人とも但馬(兵庫県)の人ともいわれ,姓は源氏と伝えられる。高野山で出家し,17歳のとき東寺に来て頼宝に師事。槙尾山の浄宝から三宝院流の灌頂を受け,南都,高野山に遊学したのち,貞和2/正平1(1346)年勧修寺の栄海より伝法灌頂を受ける。貞和4/正平3年東寺勧学会学頭,延文4/正平14年大僧都となり,塔頭観智院を創建して盛んに講義を行った。師の頼宝,弟子の賢宝と並べて東寺三宝と称せられ,また高野の宥快,根来の頼瑜と並び称される真言教学上屈指の大家で,『本朝高僧伝』にも「南山宥快頼瑜空海の皮肉を得,東寺杲宝其の骨髄を得る」と評されている。著書は後世への影響の大きな『大日経疏演奥鈔』56巻,『大日経疏鈔』27巻,『杲宝私鈔』12巻など多数がある。<参考文献>卍元師蛮『本朝高僧伝』17巻,『杲宝僧都事実』

(津田眞一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ごうほう【杲宝】

1306~1362) 南北朝時代の真言宗の僧。頼宝に師事し、頼宝、弟子の賢宝とともに東寺の三宝といわれた。東寺観智院を建立。著「大日経疏演奥鈔」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

杲宝
ごうほう
(1306―1362)

室町~南北朝時代の真言宗の僧。東寺(教王護国寺)観智(かんち)院の開基。初め弘基(こうき)と称した。姓は源氏。下野(しもつけ)国(栃木県)あるいは但馬(たじま)国(兵庫県)出身とされる。幼時、高野山(こうやさん)で出家、東寺で真言宗を学び、1348年(正平3・貞和4)東寺勧学会の学頭、58年(正平13・延文3)法印(ほういん)、翌年に大僧都(だいそうず)となる。学識は深く、教学の整頓(せいとん)、法流血脈(けちみゃく)の確定を行い、『東宝記(とうぼうき)』を著して東寺の歴史を明白にし、また外に向かっては禅宗を批判するなど、空海の真髄を得たと評されるほどであった。著作は、事相教相(じそうきょうそう)、史録にわたり膨大な数で、仏教学、歴史学の貴重な資料として観智院金剛蔵(こんごうぞう)に伝えられている。師の頼宝(らいほう)、弟子の賢宝(げんぽう)、義宝(ぎほう)とともに、東寺の四宝といわれる。[平井宥慶]
『『国宝東宝記原本影印』(1981・東京美術)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の杲宝の言及

【観智院】より

…それにもとづいて21(あるいは15)の塔頭が建立されるが,観智院はその一つである。当院初代の杲宝(ごうほう)は,東寺最高の学僧で,南都北嶺その他から多数の聖教類を収集し,東寺教学の基礎を築いた。現在,観智院金剛蔵聖教と呼ばれているのはそれで,量質ともに日本の聖教のうちで最高のものの一つである。…

【東宝記】より

…東寺学衆杲宝(ごうほう)の編纂した東寺の歴史。仏宝,法宝,僧宝の3編8巻にわけ,東寺の歴史,堂塔,仏像,法具,聖教,法会,僧職について,文書・記録等を豊富に引用しつつ明らかにする。…

※「杲宝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

杲宝の関連キーワード弘法大師瑜伽乗院亮深世尊寺伊俊向阿藤原為定経厳顕円弘覚法親王尊真隆雅(1)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone