東寺執行日記(読み)とうじしゅぎょうにっき

世界大百科事典 第2版の解説

忠救,定伊,栄増など歴代の東寺執行が書きついだ記録。1330年(元徳2)から1751年(宝暦1)にわたるが,中途断続している。各種の写本があり,《東寺記》《東記》《東寺執行記》とも称す。内容は,寺内諸職の補任,諸法会,諸儀式,年中行事,子院建立・修補,寺領荘園支配など東寺内の事柄とともに,幕府,守護大名,他寺社の動静などにも及ぶ。未刊。【小泉 宜右】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android