コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守護大名 しゅごだいみょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

守護大名
しゅごだいみょう

室町時代に領国の武士を被官化し,地域的封建権力を確立して大名と呼ばれた守護。守護は,鎌倉時代には領国内の武士との間に封建関係をもたなかったが,室町時代になると,その権限が拡大され,半済 (はんぜい) ,守護請などの手段によって荘園を侵略し,領有化して得た土地や収益をその被官に分け与え,地方武士の所領を安堵したため,地方武士は競って守護のもとに集った。こうして守護と地方武士の間には封建的関係が結ばれ,守護大名が生れるにいたった。このなかには数ヵ国から十数ヵ国に及ぶ国々を領国化し,強力な守護大名となるものも現れた。室町幕府はこういった守護大名の連合政権の上に成立していたが,その強大化に伴って相互の争いを激化させ,次第に没落し,戦国大名に取って代られた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅご‐だいみょう〔‐ダイミヤウ〕【守護大名】

室町時代、任国に勢力を張って領国支配を進めた守護。吏僚的性格の強い鎌倉時代の守護とは区別される。→守護2

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

守護大名【しゅごだいみょう】

室町時代,領主化した守護。鎌倉時代の守護は将軍の代官として御家人の軍事指揮に当たったが,それを越えて人格的支配を行うことは認められなかった。しかし,鎌倉末期には任国内の武士を被官化する傾向が生じ,南北朝内乱期を経て軍事指揮権の強化,半済(はんぜい)・守護請段銭賦課などを通じて任国を領国化していった。
→関連項目今川氏浦役大友氏小笠原氏嘉吉の乱国一揆郡代河野氏地下請守護所守護領国制戦国大名大名南北朝時代日本東山山荘奉公衆室町幕府六角氏

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

防府市歴史用語集の解説

守護大名

 室町時代の職の1つで、地方を支配するために置かれた役人です。鎌倉時代・室町時代ともに「守護[しゅご]」と言いますが、区別するために、室町時代のものは「守護大名」と呼んでいます。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅごだいみょう【守護大名】

室町時代の守護をさす語。当時の史料上の用語ではなく,第2次大戦後,鎌倉幕府体制下の守護と対比させて,室町幕府の守護の特質を地域的封建領主の性格にあるととらえ,それを概念化した歴史学上の用語。室町時代の守護は大名であったが,この大名は家格としての性格が強く,学術用語として封建領主を意味する大名の用法と史料上の大名の間には意味上の乖離がある。1336年(延元1∥建武3),足利尊氏方は播磨の室泊の軍議において,山陽・四国防衛を目的とした各国の大将の配置を行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しゅごだいみょう【守護大名】

封建領主化した守護。室町時代、守護は、半済はんぜいや守護請などによって荘園・国衙こくが領を侵し、段銭賦課なども行うに至ったが、応仁の乱以後は下剋上によって没落する者が多かった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

守護大名
しゅごだいみょう

南北朝・室町期に幕府から守護に任命され、任国内でしだいに大名領主化を遂げた権力をいう。後の戦国大名や近世大名と対比される。守護の本来の任務権限は「大犯(だいぼん)三箇条」で、任国内全体の行政・裁判権などは有していなかった。しかし南北朝期以降には、刈田狼藉(かりたろうぜき)や使節遵行(しせつじゅんぎょう)の権が与えられたため、任国内の地頭(じとう)や国人(こくじん)間の紛争にかかわる裁判や土地の管理などの権限を握るようになり、これをもとに地頭や国人の被官化を進めていった。一方、守護は、15世紀初期に至る過程で、伊勢(いせ)神宮役夫工米(やくぶたくむまい)・譲位段銭(たんせん)・即位段銭などの臨時税収取権を獲得するとともに、国衙(こくが)在庁官人を被官化し、国衙領を守護領とするなど、国衙の権能・機構・所領を吸収していった。また、半済(はんぜい)や守護請(うけ)を通じ荘園(しょうえん)をも徐々に自己の権力下に組み込んでいったが、いまだ全面的に組み込むまでには至らなかった。こうした権力的性格を有する守護大名の任国支配の実態は守護領国制とよばれている。有力な守護大名は赤松・大内・斯波(しば)・畠山(はたけやま)・細川・山名氏らで、ともに数か国の守護を兼ねたが、なかでも細川氏は9か国、山名氏は11か国を領していた。こうした守護大名を統御するために、幕府は、九州と鎌倉府管轄下の東国以外の守護には、その任国支配を守護代にゆだねさせて在京させ、幕府の官僚に任じたり、それぞれの守護大名家の惣領(そうりょう)を幕府が決めたりなどしたが、一方では守護に対して前述のような任国における諸権限を与えねばならなかったのである。このように幕府・将軍に規制されながら、しかし幕府からの独立性を強める志向をもった相矛盾する要素こそが、守護大名および守護領国制の特徴である。なお守護大名を戦国大名と比較した場合、土地や人民支配の貫徹度においては戦国大名に劣るといえるが、それはあくまで相対的なもので、決定的な相違は幕府との関係のあり方に求められるべきである。[久保田昌希]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の守護大名の言及

【応仁・文明の乱】より

…この乱では,東軍(細川勝元方)と西軍(山名持豊(宗全)方)に分かれて,全国各地ではげしい合戦が展開され,中央の状況だけではなく各地の政治的状況が反映していた。
【原因】

[家督争い]
 乱の原因は複雑な要素からなっていたが,その中でも表面だった要因の一つに,有力守護家内部における家督争いと,有力守護大名間の対立があげられる。たとえば三管領家の一つである畠山家では,1450年(宝徳2)に持国が家督を義就に譲って隠居した。…

※「守護大名」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

守護大名の関連キーワード六分の一殿大内家壁書天役・点役佐々木義賢工藤重貞山県虎清平井道助村上水軍香川行景勘合貿易東山時代一向一揆今川義忠応永の乱神谷主計六角定頼守護代山名氏在国衆海賊衆

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

守護大名の関連情報