東証マザーズ(読み)とうしょうまざーず

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

東証一部や東証二部と同様、東京証券取引所に開設されている株式市場。ベンチャー企業向けに開設されている市場であるため、上場の条件が特徴的である。一部、二部では上場企業の設立後の年数や利益額を重視するのに対して、マザーズでは今後の成長性が重視される。現在は赤字であろうと今後成長が見込めるのであれば上場できる。その一方で、企業の情報公開は厳密に求められる。そのため、投資家はハイリスクハイリターンの投資を、豊富な情報に基づいて行なうことが可能である。またベンチャー企業は広く資金を集める場を確保できる。このような市場としては他に大阪証券取引所のヘラクレスがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

株式公開用語辞典の解説

Mothers(マザーズ)は、Market of the high-growth and emerging stocks の頭文字から。高い成長、拡大が期待される事業や新たな技術・発想に基づく事業を行う高い成長可能性を秘めた企業に資金調達の機会を与えるとともに、投資家に新たな投資物件を提供することを目的に、1999年11月に東証において創設された市場。設立後経過年数や利益に関する基準を設けないなど、上場基準が大幅に緩和されたことからアーリーステージの企業の上場も可能となっており、申請から上場までの期間短縮が進められた事とあわせて、上場の迅速化が図られている。また、上場に当たって1,000単位以上の公募増資を行うことや、300人以上の新たな株主を作ることなど、流動性にも配慮した基準を設定している。一方、四半期決算の開示や公開後の会社説明会の義務付けなど、既存の上場会社より高いディスクロジャーを要求し、透明性の確保にも充分な配慮がなされている。

出典 株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東証マザーズの関連情報