コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東陵公園 とうりょうこうえん

世界の観光地名がわかる事典の解説

とうりょうこうえん【東陵公園】

中国の遼寧(りょうねい)省の瀋陽(しんよう)市東部にある、清の前身、後金の初代皇帝であるヌルハチ陵墓。1629年に建造された。◇正式名称は「福陵」だが、瀋陽市の東部に位置するので「東陵」と呼ばれる。保存状態が悪かったが修復され、現在は「東陵公園」として一般公開されている。背後には天柱山、前方を渾河に臨み、緑に覆われた格調の高い帝陵で、108段の石段が丘の頂上まで続く。2004年に、世界遺産(文化遺産)に指定された。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android