コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東陵 とうりょうDong-ling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東陵
とうりょう
Dong-ling

中国,河北省興隆県にある清朝成立 (1644) 後の帝陵。清朝歴代皇帝の陵墓は4ヵ所に分れて建造された。初代太祖と孝慈皇后の陵墓は,遼寧省瀋陽のはるか東方の渾河の北にある石觜頭 (せきしとう) 山にあって福陵 (東陵と俗称) と呼ばれ,2代太宗と孝端文皇后の陵はやはり瀋陽の北方にあり,昭陵 (北陵と俗称) と呼ばれる。王朝成立後は北京の北東方の地と南西方の地に交互に祀られ,簡単に東陵,西陵と呼んでいる。東陵は世祖,聖祖,高宗,文宗穆宗の5帝陵と諸后妃陵,西陵は河北省易県にあって,世宗,仁宗宣宗徳宗の4帝陵と諸后妃陵がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とう‐りょう【東陵】

中国遼寧省瀋陽の東北、天柱山にある太祖ヌルハチ)の陵。福陵。
中国河北省遵化県の北西、昌瑞山にある清朝歴代皇帝の陵墓。易県にある西陵に対していう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の東陵の言及

【清陵】より

…清朝歴代皇帝の陵墓群で,東陵と西陵にわかれる。東陵は北京市の北東約125kmの河北省遵化県馬蘭峪付近にあり,孝陵(順治帝),景陵(康熙帝),裕陵(乾隆帝),定陵(咸豊帝),恵陵(同治帝)のほか,后陵4座,妃園寝5座を含み,皇帝5人,皇后15人,妃子136人を葬る。…

※「東陵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

東陵の関連キーワードイエンシャン(燕山)山脈ツンホワ(遵化)県桃山(京都市)武蔵陵墓地石田 東陵昭憲皇太后天保水滸伝本田 退菴宝来山古墳本庄古墳群空谷明応玉置譲斎東陵永璵本田退菴光仁天皇光明皇后長慶天皇陽成天皇垂仁天皇

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東陵の関連情報