コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵屋五三郎(3世) きねやごさぶろう[さんせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杵屋五三郎(3世)
きねやごさぶろう[さんせい]

[生]1918.12.11. 東京,東京
[没]2013.2.2. 東京,文京
長唄三味線方。本名増田元弘(ますだちかひろ)。長唄囃子 5世望月長九郎門下の笛方望月長之助の二男,母は杵屋和歌代。3歳より長唄の手ほどきを受け,1933年,1世杵屋五三郎に入門。1936年杵屋五三助を名のる。1939年兵役につき中国へ。1944年除隊。1949年長唄協会主催の長唄コンクールで最優秀賞を受賞。1973年度芸術祭賞大賞受賞。切れ味のよい冴えた撥音で,しかも豪快さとともに繊細な抒情性を兼ね備え,全体を引っ張る迫力,間のよさは無類であった。1978年,3世杵屋五三郎を襲名。1989年重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。2005年長唄協会会長に就任。同 2005年日本芸術院会員に選出される。『日月星(じつげつせい)』『大和寺』『筧の水』などを作曲。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

杵屋五三郎(3世)の関連キーワード牧野省三ドイツ革命ハート(William S. Hart)第1次世界大戦アゼルバイジャン共和国米騒動デミル(Cecil Blount De Mille)フォード(John Ford(1895―1973))芥川龍之介アポリネール

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android