コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松下竜一

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

松下竜一

1937年、大分県中津市生まれ。高校卒業後、家業豆腐屋を継ぎ、貧しい日々をつづった「豆腐屋の四季」でデビュー。70年に豆腐屋をやめ、反公害、反原発の運動を始めた。運動の機関誌「草の根通信」を発行し、約50冊の著作を残した。

(2012-07-03 朝日新聞 朝刊 福岡全県 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松下竜一 まつした-りゅういち

1937-2004 昭和後期-平成時代の小説家,市民運動家。
昭和12年2月15日生まれ。大分県中津市で家業の豆腐屋をつぎ,昭和44年「豆腐屋の四季」を発表。豊前火力発電所の建設に反対し,48年から機関誌「草の根通信」により反公害・反核・平和運動にとりくむ。57年,大杉栄の遺児伊藤ルイの半生をえがいた「ルイズ―父に貰いし名は」で講談社ノンフィクション賞。平成16年6月17日死去。67歳。中津北高卒。著作はほかに「記憶の闇」「底ぬけビンボー暮らし」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松下竜一の関連情報