松下 昇(読み)マツシタ ノボル

20世紀日本人名事典の解説

松下 昇
マツシタ ノボル

昭和・平成期の詩人 元・神戸大学教養学部講師。



生年
昭和11(1936)年3月11日

没年
平成8(1996)年5月6日

出生地
奈良県

学歴〔年〕
東京大学大学院人文科学研究科独文専攻〔昭和38年〕修士課程修了

経歴
神戸大学講師となり、学園紛争のさなかに、独自の大学改革運動を押し進めて懲戒免職。以後、詩作に専念し、作品として「六甲」「包囲」「松下昇表現集」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android